きしめん

名古屋駅ホームではじめて350円の立ち食いきしめん食べましたが、食券渡して、おばちゃんが麺を熱湯に入れて、手早く湯を切って、予めほどよい温度にしたどんぶりのスープに流し込んで、、、まではよかったんですが、そのあと、かつおぶしを一掴みドサっと入れられたところで「あうっ」と、「そんな、えっ、かつお節?」。戸惑うまもなく、目の前にかつお節いっぱいのうどんが。そうなのか。名古屋はかつお節なのか。でもそれだと、うどん(きしめんだけど)の味も、スープの味も死んじゃうんじゃあ、、、と思ったけど、ところがどっこい、醤油ベースの濃い目のスープとねぎとうどん(きしめんだけど)が合う合う。すでにかつお節が絡みあうきしめんが恋しい夜。


Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質