アートという先見性

【C6愛のコラム】第二回「アートという先見性」

肌荒れを招く様々な環境の変化と、その対策について考える「C6コラム」。
その第四シリーズの「C6愛のコラム」。

前回は愛の数式を紹介しました。

愛とは、遠くの危機を察知するために高めた意識のエネルギー、と定義しました。
今回は、その意識を最大値まで高めている人たちの話です。
身近な危機だけでなく、人類、地球の危機まで捉え、苦しんでいる人たち。
アーティスト。
彼らの苦しみから生まれる芸術は、深くて難解ですが、未来へのヒントです。


Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質