活断層の分布と、過去の地震から分かること。

活断層の分布と、過去の地震から分かること。

1.地震の起きる場所の特定は難しいが、起きない場所は比較的特定しやすい。
2005年の白書での30年間で起きる可能性のある地震候補の中に熊本は入っていなかったが、起きた。しかし少なくとも熊本、大分は活断層上。起きるかもしれないと思っていた人は多いはずで、起きた。逆に活断層の少ない地域は、地震は極端に少ない。当たり前のことだが、日本海側の原発は理解できる。川内と伊方原発は活断層上にあると言って良い。...
http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h17/hakusho/h18/html/H1012110.html


2.今後大規模地震が起きる可能性のある地域は「活断層上」とシンプルに考えるだけでも十分に判断材料になる。
日本の官僚と研究機関は極めて優秀といってよい。白書のデータはとても分かりやすく、考察は「当たった、はずれた」ではなく、貴重な参考意見である。今回の熊本地震から、2005年に予測された豊後水道地震は的中したといえる。そして、予測はもっと広範囲に広げて良いし、中央構造線は川内まで伸ばしてよい。つまり、一個人の意見としては、活断層上の川内原発と伊方原発はすぐに停めるのが精神衛生上良いと思う。
http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h22/hakusho/h23/html/k1221000.html

「日本」という一個人の財布事情から考えても、その結論でいいのではないでしょうか。二度目の大災害を支えられるほどの家計ではないので。





 

Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質