HOLLAND JAPONISM

長崎県立美術館で、19日から開催される大地千尋氏のHOLLAND JAPONISM(同時開催:レンブラント展)。
一足先に舞台裏を拝見する幸運を得た。

平戸、和紙、オランダ、レンブランド。
紙の機能性と耐久性が、実はセルロースという素材だけではなく、その繊維の太さと長さ、そして織り込みかたにも依存することを古来の日本人は知っていた。そして辿り着いた機能美は雁皮紙という形に結実し、レンブランドを驚嘆させるに至る。


圧倒的な保存状態を誇る日本の古文書が残すのは文字だけではない。

セルロースの機能美を追い求め続けるフィルトムと全人類にとって見逃せない展覧会が始まる。




HOLLAND JAPONISM
日本でしか作ることの出来ない雁皮という和紙の美しさに魅了された、
アーテイストたちが、過去と未来とを繋げ”今”という時間を織りなす物語。
This is a beauty's message Japanese paper send beyond time and space.
Now artists who fell in love with Gampi or the paper made only in Japan are
to connect the past and the future by working it into modern arts.
HOLLAND JAPONISM
http://www.o-jewel.com/projects/holland-japonism/
会期
2015年12 月19 日(土)ー 1 月 06日(水)  10:00−20:00
会場
長崎県美術館 2F HALL
長崎県長崎市出島町2番1号 
http://www.nagasaki-museum.jp/
問い合わせ  c@o-jewel.com



 



Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質