葡萄豚之会

昨晩、吉井町はカレー屋モリトネリで、リバーワイルドの葡萄豚之会に参加させていただきました。

各界の第一線でご活躍のそうそうたる方々がお集まりで、パン、製麺、珈琲、彫刻、温泉、杉材、英文学、そしてこどもびいる。話題が分刻みで変わる中、数々の高級豚肉料理が振舞われました。

1つだけ挙げると、葡萄豚バラ軟骨の唐揚げが秀逸だった!お肉に十分な歯ごたえと芳醇な香りが残っているのに、軟骨は柔らかく、それでいて歯に残る心地よい弾力。思い出すだけで口がとろける。すみません、あまりにうますぎて、写真撮るの忘れました。写真のバラ肉の梅煮もおいしかったし、スペアリブのドライカレーもカレー好きにはたまらなかったなあ。そういえば生ハムとレモングラスの生春巻きも新鮮なおいしさだった。おこわも自然な味わい。とんかつもジューシーなのに、全然脂っこくなかった。

美味しいお料理と、楽しい話しの合間に、リバーワイルド杉さんが柿之屋さんの葡萄や各界からのお土産を紹介。その一つ、カブも登場。リバーワイルドさん、モリトネリさん、そして柿之屋さん、ごちそうさまでした。






http://www.riverwild.jp/blog/
ロックな養豚場、リバーワイルドの杉さん



Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質