マラソンと太もも

北九州マラソンに出場しました。初マラソンです。
半年間、毎週20km走り続けて、それなりの自信があったにもかかわらず、
記録は5時間30分。
25kmまでは、下手すると4時間前半で走れるのではないかという余裕もあった。
ところが27kmで足がつりだすと、それが両足に拡がり、もうダメ。
ふくらはぎのいたるところが、「点」で痙攣を起こす。

事前に経験者から聞いていた3箇条は本当だった。
1.太ももで走る。
2.骨盤は前に倒す。
3.初マラソンなら必ずつるから、事前のストレッチとテーピング対策しっかりと。
いずれも意味が分からず、のぞんだ初マラソン。惨敗です。

でも、疲労困憊の後半、沿道の人たちからたくさんのハイタッチをいただく。
すると、これまで経験のない驚きが。
腕に測定器をつけたら、測れるのではないかと思われる程のエネルギーが手を伝わってくる!
おかげで最後まで走りきることができました。
ありがとうございました。



Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質