海馬と側坐核とちびのミイ 

日常生活で得た情報は短期記憶として「海馬」にいったん貯蔵される。
夜みる夢は、海馬の内部回路による情報処理(再構築)と考えられる。
その後情報は「大脳皮質」へ送られ、長期記憶として貯蔵される。
海馬

やる気を起こすためには側坐核からの出力(脳内物質の分泌)が必要である。出力するための最も簡単な方法は側坐核へ入力(実際に行動)することである。まず行動することでやる気が出るのはこの仕組みによる。
側坐核

そりゃあそうでしょ。何だって、多かれ少なかれ、ステキなことには、違いないわよ!だけど、いっとうステキなことは、みんなで、大騒動して、一切合切ひっしで運んでひっこして、いざ着いてみたら、あの島が、正真正銘のハエの糞だと、判明することかもよ…
ちびのミイ「ムーミンパパ海へいく」より)

Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質