わたし、幸せすぎてこわいの

いろんな仕事に追われ、いろんな出来事に巻き込まれていると、どうも、いいことが起きると、かならず悪いことが起きるような気がする。
で、落ち込んでいると、次はいいことが舞い込む。
気のせいかな、と思っていると、悪いことが起き、さらに悪いことが重なって、抜け毛が増えたりして、妻からも、大丈夫?元気すぎるのもいやだけど、最近元気ないね、とか言われていると、ふと、ものすごくいい知らせが舞い込む。
まるで良いことと悪いことが交互に繰り返されているようで、たとえ良いことが起きたとしても、次に悪いことがくるのではないかと「こわく」なってくるのだ。
これでは精神衛生上よくないので、分析してみた。
結論:「ある一定期間の内、もっとも悪いことが悪いことになり、もっとも良いことが良いことになる。」
つまり、一定期間の中で最も悪いことが落ち込む要因となり、その他のことは大したことではないと認識される。逆に普段なら喜ぶべきことが、もっと良いことが起こってしまうと、喜びの対象でなくなってしまう。その結果、あたかも良い出来事と最悪の事件が、一定期間ごとに繰り返されるように感じてしまう(下図)。
ということは、その期間を広げれば、最悪な事件は少なくなる、ことが分かる。
なるほどね、だから昨日の失敗も実は大したことなかったんだ。
危うくだまされて落ち込むところだった。

Popular posts from this blog

除夜の鐘と官能基

ブルマ曲線と三角関数

エネルギーの質、私たちの質